皮膚科・形成外科・アレルギー科

〒270-2251 千葉県松戸市金ヶ作27-9 フミヤビル3F
             TEL:047-311-7177
FAX:
047-311-1800

クリニック案内

  • 新京成線「八柱」駅
  • JR「新八柱」駅より共に徒歩1分

医院名
八柱皮膚科
院長
石川 剛
住所
〒270-2251
千葉県松戸市金ヶ作27-9
フミヤビル3F
(八柱駅前郵便局の3階)
診療科目
皮膚科・形成外科・アレルギー科
電話番号
047-311-7177

ご予約・ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。

TEL 047-311-7177

皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎(Atopic dermatitis,以下AD)は、短期間に完治させることはできませんが、こまめなスキンケアと継続的な治療(通院)により日常生活に支障をきたさない程度には改善させることのできる病気です。

ADの発症原因は複雑です。

むしろ原因の追及、除去より痒みや赤みを抑えるなどの対症療法が有効です。
かゆみが軽度の場合はステロイドの塗り薬だけですが、かゆみが強い場合は、それに加えてかゆみ止めの飲み薬(抗ヒスタミン剤または抗アレルギー剤)を処方します。

ステロイドの塗り薬にもいろいろな強さや剤形があります。
湿疹の程度、期間、部位、年齢など様々な観点から皮膚科専門医は副作用の出ないよう一番適した薬を処方しています。

かゆみ止めの飲み薬も 眠気の生じないものもありますのでご相談ください。

塗り薬だけで治らないものでも飲み薬を加えると軽くなることが多いようです。

足白癬・爪白癬

市販の薬を塗っても治らなかったり、もっとひどくなった経験はありませんか?
その時には皮膚科専門医を受診してください。

足にできるのは白癬(水虫)だけではありません。
自分で治療する前に専門医のいる病院で顕微鏡により白癬菌の検査をすることをお勧めします。

たとえ水虫の場合でも足の指の間がグジュグジュした状態で水虫の薬をぬると赤くただれることがあります。
その場合は、どの水虫の薬に変更しても同じです。
塗るのをやめて、すぐに受診してください。

爪の水虫は塗り薬では効果がありません。専門医で内服薬を処方してもらう必要があります。

蕁麻疹(じんましん)

じんましんは虫さされ様(膨疹)ないし地図状の発赤が一時的に出現する病気です。
血液中のヒスタミンとういう物質が皮下の浅いところの血管から漏れて生じる一過性の皮膚病です。

原因は食物を始め多くのものがありますが、ほとんどが原因不明です。
通常3-4日で治りますが、1か月以上続くものもあります。

ニキビ

これまではニキビに有効な治療はありませんでしたが、現在はアダパレン(商品名デイフェリンゲル)という塗り薬が商品化されました。これはニキビの初期の面皰(コメド)のうちから治します。

なおニキビ後の跡に対しては、フォトフェーシャルやケミカルピーリングなどが有効ですので、ご相談ください。

ウイルス性イボ

ヒト乳頭腫ウイルスによる感染症です。

手足のささくれや顔の髭そり負けなどの小さな傷からウイルスが侵入することがほとんどです。
足裏にできた場合、よく魚の目(鶏眼)と勘違いされるケースが多いようです。

もし次第に大きくなってきたり数が増えてきたらイボを疑って受診してください。
液体窒素で加療します。

水イボ

伝染性軟属腫ウイルスによる感染症です。
ほとんどが小児でプールでうつることが多いようです。

自然に消えるのを待ってとらないで様子をみることもあるようですが、もっと数が増えたり人にうつしますので早めに専用のピンセットでつまみとるのが賢明です。

アレルギー性眼瞼炎

目の周りが何もしていないのに赤くはれて痒くなったらこの病気を疑ってください。
原因は花粉やホコリ、カビなどの空気中をただようものが目から入ったためのアレルギー反応です。

アトピー性皮膚炎の一種です。

治療にはステロイドの塗り薬に加え坑アレルギー剤(花粉症などで用いられる)の内服が必要です。